僕とハチの夏休み

1日目

8/11 5:20〜

東京に行く当日、支度をしていたらブーンという羽音がした。ハチが1匹、窓から入って来た。木べらを片手に装備し、なんとか支度を済ませた。ネットで調べたら、窓を開けて出て行くのを待てと書かれていた。1階にも関わらず、窓を全開にして東京へ出発した。

2日目

8/12 18:30〜

東京で一泊して帰って来た。全開にしたはずの窓は、何故か閉まっていた。何故だろう。

近隣住民が閉めてくれたのかな?^_^

疲れもあり、すぐに入眠した。悲劇はこの後待っていた。

3日目

8/13 16:30〜

友人が家に遊びに来た。ペットの『環濠集落』を触らせたりしていた。

f:id:cookpadder:20170813194325j:imageコーンスネークの『環濠集落』。とてもかわいい。

友人と会話してると、ブーンという羽音が聞こえた。ハチだ。まだ居たのだ。避難しようと部屋を出たその時、友人が恐ろしい言葉を口にした。

あれ?もう1匹いない?

友人が指差す先を見ると、そこには黄色と黒のボーダーで彩られた昆虫がいた。

17:30

急いで逃走し、友人宅にてハチジェットを借りる。

 

 

アース製薬 ハチアブ マグナムジェット 550mL

アース製薬 ハチアブ マグナムジェット 550mL

 

18:00〜

友人からハチジェットを借り、部屋に戻る。恐ろしいことにハチが3匹に増えていた。急いで蛇を洗面所に移動させ、ハチを殺戮する鬼と化し、ハチジェットをハチに容赦無く吹きかけた。そしてそのまま部屋を後にし、実家に避難。初めて実家の存在に感謝した。